気になる結婚式の費用ガイド【ブライダルローンを活用】

結婚式にかかる費用について

結婚式でかかることになる費用は、挙式のためのお金に限定されません。

 

結婚が決まったら、第一段階は婚約の証の品として、花婿になる人からは婚約指輪、女性から男性に対しては腕時計やスーツといった物が贈られます。

 

それから、結納金や結納返しのような費用というものもかかります。

 

また、結納の式を挙げるには会場代や、結納金の1割に当たる仲人に対する結納のお礼やお車代、手土産代と色々な費用も発生します。

 

結婚式に関しては挙式に限定すると費用は20万円ほどを見れば良いですが、この次の披露宴にかなりのお金がかかります。

 

新郎・新婦の衣装の費用は、お色直しを何度行うかで違ってくるのですが、多くは新郎1回、新婦2回程度のようです。

 

一般的な衣装代に関しては、60万円以内といったところでしょう。

 

披露宴で提供されるお料理についてはフレンチのフルコースが人気を呼んでいて、一人につき15,000円程度かけるものが人気があるようです。

 

他にも、2人の結婚式に来て下さった方に差し上げる引き出物も大切です。

 

結婚式の感動をずっと忘れないために、DVDやスナップ写真の撮影を自分たちで行わずプロのカメラマンに依頼する人も増えています。

 

結婚式に希望する中身に応じて、かかる費用は全く変わります。

 

我慢できる部分は削って切り詰めようとするものですが、人生でそう何度も経験することのない一大イベントなので、どうしても費用が嵩みがちです。

 

お金が足りない!・・・と慌てないために、結婚式の費用についてはお互いにきちんと相談することが肝心です。

 

 


地域別でみる結婚式費用

2人にとって結婚式は人生の一大イベントと言えるでしょう。

 

幸せな一日を作り上げるために、何度も結婚式場を訪れ、本番のプランを練っていくことになります。

 

この際知りたい点としては、結婚式の費用はいくらかかるのかということではないでしょうか。

 

結婚式の費用の予算は式で行う事柄の他に何人招待するか、用意する料理、引き出物に何を選ぶかによって違いますが、平均的な金額がないというわけではありません。

 

特に名古屋の結婚式は派手で費用の出し惜しみをしない風習があるのですが、地域によっても結婚式の平均的な費用は異なります。

 

挙式や披露宴を合わせて首都圏の結婚式にかかる費用の相場は、大体336万円とされています。

 

これに対し、関西方面の平均的な結婚式の費用は、295万程度となっていて、首都圏からは少し安めです。

 

平均費用の差というのは、首都圏での結婚式の参加者が約70人と言われていますが、関西の場合は60人ほどという部分も関連するでしょう。

 

結婚式の費用の平均が最も高いとされるのは、栃木・茨城・群馬の北関東方面で、なんと374万円以上の金額がかかっているのです。

 

北関東方面の結婚式の特徴として、約80人と大勢を招待する豪華な式になっている傾向があります。

 

こうした金額はあくまでも参考基準ですので、結婚式のプランを決めるときの資料という認識を持っておくのが無難でしょう。

 

地域別の結婚式費用はいくらくらいかを挙げてみましたが、結納や二次会の金額や、新婚旅行や新居にかかる費用は入っていませんので、他に用意しなくてはなりません。

 

このようなわけで、結婚を考える場合には、結婚式とは別に発生する費用のことも忘れないようにしながら、結婚式のプランを決めていくと良いでしょう。

 

 


ブライダルローンを活用しよう

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

その計算に基づきますと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円にもなりますから流石にすぐに用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利で無理のない資金調達をすることができるのです。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンよりも審査が厳しくなるのは否めません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、数社から借り入れしている人は条件は厳しいと言わざるを得ません。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですがお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが大切です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀をあてにしていても結婚式は赤字になるのが一般的なので、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

そうなると、ご祝儀目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが必ずしも想定した額のご祝儀を受け取れるとは限りませんから、当てにするのは危険です。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚費用にも利用可能なみずほ銀行多目的ローンが用意されています。

返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、更に低い金利である変動金利も選択できます。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であれば年0.1%の金利引き下げサービスも享受できます。

勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上で前年度税込年収(個人事業主の場合は申告所得)が200万円以上となっています。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚関連以外の使い道は認められていません。

参考:http://www.man-find.com/

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンで医療ローンや教育ローンなどと同じ種類と言えます。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれるというのが最大の魅力でもあると思うのですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

毎月の返済内容は、まず1回の返済額を決めて、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長ければ長いほど利息の返済がかさみますのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀では賄いきれない場合は計画を立ててゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などに適用されるというものです。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制が適用された場合は年収が750万円から1050万円必要になる計算です。

若い人はそんな収入はないでしょうし、このままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングは貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を融資条件にしているところも多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

既に支払い済みの場合はローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?全国的にみて一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の15.1%を占めており第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますが250万円から350万円の範囲となっています。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。