気になる結婚式の費用ガイド

両家でしっかり話し合おう

結婚式は確かに2人で開くことですが、2人だけで行うことができないものでもあります。

 

個々に違う家庭で過ごし結婚することになるので、新郎・新婦それぞれの家族が関わることになります。

 

ですから、結婚式の費用をどのように分けて、それぞれの家がどれくらいずつ出すのか、親同士も相談する場が必要になります。

 

この時にあいまいな話にしてしまうと、後々面倒なことになる可能性もありますので、しっかりと相談するようにしましょう。

 

気兼ねしているとかえって厄介な問題になる場合もありますから、なるべく本音で話し合うことをおすすめします。

 

結婚式に必要な費用をどう分担するかに関しては、結婚でかかる全ての金額を双方が2等分にして支払うという方法が挙げられます。

 

とはいっても、男性と女性の必要経費というのは開きがありますから、衣装代やブライダルエステといった女性側で発生する金額については新婦サイドが出すようなことも可能でしょう。

 

新郎が多めに負担しようとするのでしたら、新郎が6〜7割、新婦が3〜4割など、負担の割合を決めておくという方法もあります。

 

他には、招く親族や友人の数の面で違いがあるなら、参加者の人数によって結婚式に負担する費用を負担しあうというやり方もあります。

 

または、それぞれの家から援助してもらった資金を同一の口座に貯蓄して、お互いに協力してやりくりする方法も挙げられます。

 

どういった方法に決めるにしても、それなりに準備が整ってから選んでいては、両家の問題に発展してしまうかもしれません。

 

お金の相談をするのは躊躇ってしまいがちですが、しこりなく結婚式を挙げるためにまず最初の段階で良い話し合いをしておきましょう。

 

 


結婚の関連サイトはこちら