気になる結婚式の費用ガイド

両家でしっかり話し合おう

結婚式は確かに2人で開くことですが、2人だけで行うことができないものでもあります。

 

個々に違う家庭で過ごし結婚することになるので、新郎・新婦それぞれの家族が関わることになります。

 

ですから、結婚式の費用をどのように分けて、それぞれの家がどれくらいずつ出すのか、親同士も相談する場が必要になります。

 

この時にあいまいな話にしてしまうと、後々面倒なことになる可能性もありますので、しっかりと相談するようにしましょう。

 

気兼ねしているとかえって厄介な問題になる場合もありますから、なるべく本音で話し合うことをおすすめします。

 

結婚式に必要な費用をどう分担するかに関しては、結婚でかかる全ての金額を双方が2等分にして支払うという方法が挙げられます。

 

とはいっても、男性と女性の必要経費というのは開きがありますから、衣装代やブライダルエステといった女性側で発生する金額については新婦サイドが出すようなことも可能でしょう。

 

新郎が多めに負担しようとするのでしたら、新郎が6〜7割、新婦が3〜4割など、負担の割合を決めておくという方法もあります。

 

他には、招く親族や友人の数の面で違いがあるなら、参加者の人数によって結婚式に負担する費用を負担しあうというやり方もあります。

 

または、それぞれの家から援助してもらった資金を同一の口座に貯蓄して、お互いに協力してやりくりする方法も挙げられます。

 

どういった方法に決めるにしても、それなりに準備が整ってから選んでいては、両家の問題に発展してしまうかもしれません。

 

お金の相談をするのは躊躇ってしまいがちですが、しこりなく結婚式を挙げるためにまず最初の段階で良い話し合いをしておきましょう。

 

 


結婚の関連サイトはこちら

マッチドットコムアプリ評判
本気の婚活をマッチドットコムで体験!
口コミや評判は本当なのか?その成果を公開中です。
www.konkatsu-real-review.com/match/registration.html

 

 


両家でしっかり話し合おう記事一覧

結婚式費用安くする方法

結婚式で必要な費用は、全国的な平均では320万円かかるといわれています。しかしこの金額には、新婚旅行や新居にかかる費用は入っておらず、別途必要になります。新しい暮らしにかかるものも考え合わせて、600万円ほどが結婚にかかる費用の平均とされます。この金額は一般的なものにすぎませんが、結婚には大きなお金...

≫続きを読む

ご祝儀分も考えておこう

結婚式を行うには、かなりの金額が求められます。一般的な結婚式に必要な費用は、招待客70〜80人で300万〜350万程度発生すると言われています。この金額だけに捉われると、結婚式を行うのは簡単ではないと考えてしまう人もいるでしょう。ですが、結婚式にはご祝儀というものがあり、収入となるお金を考え合わせる...

≫続きを読む

見積もりを出してもらおう

結婚式に関しては何かと費用を考えなくてはいけません。結婚式の予算を出したなら、結婚式を希望する会場で費用の見積もりをしてもらうといいでしょう。挙式代や衣装代などという、すぐ頭に浮かぶ費用は、推測しやすいものです。でも、仲介人などへ渡す心付けや引き出物を違うお店で用意した場合の持ち込み料など、経験して...

≫続きを読む