気になる結婚式の費用ガイド

ご祝儀分も考えておこう

結婚式を行うには、かなりの金額が求められます。

 

一般的な結婚式に必要な費用は、招待客70〜80人で300万〜350万程度発生すると言われています。

 

この金額だけに捉われると、結婚式を行うのは簡単ではないと考えてしまう人もいるでしょう。

 

ですが、結婚式にはご祝儀というものがあり、収入となるお金を考え合わせることができます。

 

このことから、本当に求められる資金は100万円程度ともいわれています。

 

ご祝儀は通常、友人・同僚なら2〜3万円、上司など立場が上の人なら5万円、親族なら5〜10万円となりますから、費用の計算をする場合に役立てると良いでしょう。

 

自己資金とご祝儀に加えていくらか親に頼るという人も、結婚する人の7割ほどいます。

 

このようなお金の総額で、2人の結婚式で出費できるお金として計算してください。

 

しかし、結婚式の費用の中には、挙式の前に支払わなければならないものもあるので、ご祝儀に依存していては難しいでしょう。

 

しかし、自己資金だけでは賄えず結婚式の費用の支払いが難しいというときには、カードで払ったり後払いをするのができるかを調べておきましょう。

 

ただし、結婚というものは結婚式だけでもう心配ないとは言えません。

 

新婚旅行や家具、家電、当然のことながら新居費用も用意が必要です。

 

それで、こうした結婚にまつわる様々な面を考え、金銭管理を徹底するようにしましょう。

 

結婚式で二人が集めた資金を使い果たすことになってしまわないよう注意しましょう。

 

 


ご祝儀分も考えておこう関連ページ

結婚式費用安くする方法
見積もりを出してもらおう